2009年IT活用

ブログをはじめたのはいいけれど、さっそくネタに困った。 今年最初の投稿なので2009年の中小企業にとってのIT活用を予想してみます。 今年はずばり、SaaSと携帯端末の活用!

SaaSとは?← ここクリック。説明すると長くなるのでリンク先を参照。

簡単に説明すると、以前ASPと言われていたサービスと似たようなものです。もっと単純にWebブラウザを使ったシステムとここでは考えます。(言葉の意味自体が曖昧なんで)

携帯端末とは、携帯電話はもちろんスマートフォンやネットブックなども含めた、携帯インターネット端末全般をここでは指します。
ネットブックというのは、100円ノートパソコン等々で話題の性能は高くないが安くて小さくてインターネット接続を主な目的としたノートパソコンで、その安さが最大の魅力です。
携帯電話も進化していて昨年話題になった iPhoneは小さなパソコンと言っても良いほどの性能を持っています。
すでに高機能な携帯電話は、ネットブックより高価格になっていて価格も逆転してしまいました。
このような高性能な携帯インターネット端末が低価格で普及したのですから活用しなければもったいない。

でも、携帯電話にソフトをインストールするのは互換性等々でコストがかかりますし、ネットブックにしても紛失等で情報が漏洩するのが怖いのでHDDにデータを入れたくはありません。

そこで、SaaS型のサービスが活用されるのではないかと思われます。
ここで言うSaaSとは、プログラムやデータをサーバ上に置いて、インターネット経由でブラウザから操作するシステムです。(かなり極端な説明です)
このような利用であれば、安全なデータセンターにデータを置き、社内にサーバを置くこともなく、また端末にプログラムをインストールする必要もありません。
保守も簡単ですし、セキュリティ的な不安もある程度軽減できます。(良いことばかりじゃないですが)
携帯端末とSaaS。この組み合わせをどう生かすか?がこの不景気を乗り越えるキーワードになるかもしれません。

って昨年も似たようなことを言ってましたが、まだ普及には時間がかかりそうです。ドッグイヤーなんて時代が懐かしい。
昨年はSaaSを始めるための準備だけで終わりましたが、今年は具体的な物を作って行きたいと思っています。

ネットで新しいサービスを始めたいと考えている企業の方がいらっしゃいましたら是非一緒にやりましょう!準備だけはできています!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL