紙の資料の表をExcelにしたい

こんにちは!くじらシステム開発の髙畠です。
冬になり、すっかり寒くなりました。私も、スキーに行ってきました。あまり雪はなかったですが….

話は変わりますが、年末の大掃除などで資料整理をすることも多い時期だと思います。そこで、紙の資料の表をExcelの表にしたいと思いました!
今回試したことはOCRの技術を使用したソフトやツールなどを使用し、Excelにしようと思いました。
まず、試したのはgoogle Docsの写真をテキストにする機能スキャナーで、紙を画像にして行ってみました。

結果:文字の変換精度は高いが、表を自動で作ってくれない、また、文字の大きさがバラバラになり表を文字にするとすごい読みにくい。却下!!

二つ目は、PDFをExcelにしてくれるフリーサイト。
こちらもスキャナーで紙を読み込みPDFにして行いました。
結果:エラー、スキャナーで紙を読み取りPDFにすると画像をPDFに張り付けたのと同じになるんですね(驚)
これからはできないで当然。却下!!

三つ目は、Android/IOS版Excelに2019年6月くらいに追加されていた、写真を撮り表を自動で作ってくれる機能。
とりあえず、アプリ版のExcelを使用したことなかったのでインストール。
サインインをして、新しいファイルを用意し、いざ試してみようと思うが、画像からデータを挿入のアイコンが見つからない。

アイコンが見つからないと話にならないので、色々調べたところ、スマホの言語設定を日本語から英語にしないといけないらしい。。

英語に変更をして、いざ使ってみる。
結果:写真の撮り方にもよるのだろうが、文字以前にセルがくっついているものが多数、OCRを使用しているので少しの手直しは仕方ないと思うが、セルがくっついているのは修正が大変なので、却下!!

四つ目は、Wondershare PDFelementというフリーソフト。

PDFをいろいろな方式で出力できる機能があるソフト(他の機能もあり)を使ってみました。
結果:Excelに表示するとセルがくっつく、こちらもアプリ版Excelと同じ理由で却下、
しかし、せっかくならExcel以外でも出力してみようと試したところ、wordに出力をするとすごくきれいな表になることを確認、これは使える!!

ということで、Wondershare PDFelementを採用。WordからExcelにコピーをする手間はあるが、それくらいは頑張る。

Wondershare PDFelementにはほかにPDFからHTMLを平静してくれる機能などもあるそうなので、試してみたい。

これで紙の資料から探す手間や編集などができるようになるので業務効率アップ間違いなしです!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL