Ubuntu使用3ヶ月経過

仕事で使うマシンに Ubuntu を導入して3ヶ月半になりました。
自宅では不便を感じることが少ないですが、仕事では色々と支障が出てきます。

使い始めて2ヶ月が過ぎたころ、全体的に重くなって使い勝手がガタ落ちしました。
原因は同時に起動しているアプリが多いことと、ブラウザのタブを開きすぎていることで、常に50以上は開いている状態です。

一日に何度もアプリやブラウザを閉じて空き容量を増やす作業をするのは面倒だし、一度重くなるとアプリの終了自体も遅くてストレスが溜まります。

やっぱり Windows に戻ろうか?と思いつつ、軽いと評判の Lubuntu を導入。

今までの設定環境がガラッと変わってしまって違和感はあるんですが、そのうち慣れるだろうと思って使ってて1ヶ月。まだ慣れません。

一応軽くはなったのですが、ついついタブを多く開いてしまい、一度重くなると閉じるのも重くなってしまうという現象は同じです。

根本的にブラウザ側で対策しないとだめだなぁと思っててふと気がつくと、ページ内に Flash の広告がたくさん表示されています。
Adblock Plusは入れていたのですが、メンテをしてないので効果が発揮できてませんでした。
いくつかの目障りな広告やブログパーツを非表示にすると、目に見えてCPU負荷が下がって行きます。
こんなにもはっきりと差が出るとは思ってなかった。単純に Flash広告が原因で重かったようです。

早速 Flashblockを導入。Adblock と Flashblock は、Firefox と Chrome のどちらにもあってお勧め。
おかげで、かなり快適な環境になりました。

以前 Windows上でも使っていたプラグインでしたが、これほどの効果は感じていませんでした。
ざっと調べるとUbuntu 上の Flash は色々問題あるみたいですね。
他に改善方法もあるみたいですが、止めた方が快適なのは間違いないのでこのまま使ってみる予定。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL