間違った QRコード 撤去

2月に書いた「QRコード の間違った使い方」で窓に貼ったQRコードですが、そろそろはがす事にしました。

 最近、梅雨のせいかA4用紙4枚をセロテープで貼り付けただけの紙が、ヨレヨレになってきたから。
はがす前にアクセスログを調べたところ、やはりアクセスはゼロ。予想通りでした。

でも結構目立ってたようです。知ってる人は知ってました。
「効果ある?」と聞かれて、ただの実験ですよと説明しますが、そんな実験の意味あるの?と聞かれると、
んー意味無いです。

     通常携帯で読むはずのQRコードを携帯で読めない位置に貼って様子を見る実験。
     結論「実験そのものが無意味」

じつは同じ日に、ビルの1階の「株式会社 くじらシステム開発」と書いたネームプレートに、小さくQRコードを貼りました。携帯でちゃんと読めます。

で、このQRコードからのアクセスがどれぐらいあるかというと。やっぱりゼロ。

     会社のネームプレートに QRコードを貼って様子を見る実験。
     結論「誰もQRを見つけない。もし見つけても読んでアクセスする理由が無い。」

この結論は推測ですが、実験前の予想どおりの結果ですね。

上記二つとも、間違ったQRコードの使い方のサンプルとしてレベルが低い。低すぎる。反省。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL