銀杏並木~ぎんなん拾い~

事務所の前の道路は、数百メートルにわたって銀杏並木が続いています。

夏は葉を茂らせて、木陰を作ってくれますが、落ち葉が大量になるために、
葉が落ちる秋手前には、業者によって枝ごと切られてしまいます。


今では結構貧弱な姿に。。。。(写真は結構立派に写ってる)

それでも毎年、けっこうな量の実をつけます。
”いちょう”といえば”ぎんなん”ですよね。

銀杏の実が落ちるこの季節、早朝から銀杏拾いの方々を見かけます。
人や車が踏みつける前に、拾ってしまおうということらしいです。


昼過ぎに行ったらこんな実しかありませんでした。(;_;)

たくさん拾いたい!という気持ちは分かりますが、
車道まで出られる方を見たときには、「危ないよ」と一声かけたくなります。
早朝といえども、ここは百年橋通り。車の量もスピードも結構なものです。
車道沿いは、銀杏拾いに夢中になりすぎないよう注意が必要です。

福岡に来たばかりの頃は、銀杏の木の下のオレンジの実が何か分からず、
素手でひろい、においがとれずに苦労した覚えがあります。(ノ>д<)ノ

銀杏を拾うなら、車の来ない神社や公園で、手袋をして拾いましょう!
 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL