LPO と 無料Webサービス

先日LPOという言葉を知りました。調べてみるとランディングページの最適化ということらしいです。
検索サイトからアクセスしたのに、情報が多すぎて自分の欲しい情報に行き着かないなんて経験はありませんか?ぱっと見て欲しい情報が無ければお客さんは次のサイトへ行ってしまいます。
でも検索キーワードから、そのお客さんが欲しい情報を判断して、要望に応じたコンテンツへ誘導することが可能です。こういう仕組みをLPO対策と呼ぶようです。

技術的には簡単で以前から行っていた仕組みですが、今まで共通の名称はなかったと思います。
今は「LPO」というキーワードで検索すれば、その意味も効果も伝わります。「検索キーワードを作る」というのもSEO/LPOの課題のひとつですね。

LPOを実際の店に例えると、自分の欲しい「キーワード」をつぶやきながら入店するお客さんの、その「つぶやき」を聞き逃さず、すぐに要望に答えるという感じでしょうか。
これは、顧客が意識せず提供する情報を、店側が察知してうまく利用する例だと思います。

「LPO」というキーワードで検索すると、すでに無料Webサービスがいくつかある事に気付きます。
こういうLPO対策やアクセス解析などの無料Webサービスは、無料効果でたくさんのWebサイトの情報を収集していると思います。どういう企業にどういうキーワードでどれぐらいアクセスがあるかという貴重な情報が収集できますが、それをどう利用しているのか?
特に Google や Yahoo にはそういう貴重な情報が相当集まっているはずです。
企業ですから、収集した情報は自社の利益に繋がるよう分析し利用されるでしょうけど、サービスを利用している人に喜んでもらう為に利用することが企業利益に繋がるのが理想ですね。

ということで、LPO自体は試してみると面白いので、色々実験中です。簡単な仕組みも作っています。
LPOの無料Webサービスを試してみて、納得できないようなら弊社に相談してみてください。お手伝いできるかもしれません。もちろん有償ですが。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL