日本で46年ぶりの皆既日食

いよいよ、日本で46年ぶりとなる皆既日食が近づいてきました。
日食については、小学校・中学校で習った記憶がうっすらあるくらいで、太陽が月によって隠れることくらいしか知りません。
分からない事があればインターネットで簡単に調べられますので、日食について調べてみました。

日食の種類は、以下の3種類あるみたいです。

1. 皆既日食・・・太陽が完全に隠れる。
2. 金環日食・・・月の周囲に太陽がはみ出して見える。
3. 部分日食・・・太陽の一部分が隠れる。

この中で、「コロナ」が見られるのは「皆既日食」のみとのこと。
  コロナとは・・・ 太陽の周りに見える自由電子の散乱光のこと。

うーん。よくわかりません^^;
が、一つ分かる事は、幻想的な現象ってことですね!

太陽の欠け具合も、当然といえば当然ですが場所によってかなり違うようで、皆既日食となるのは、屋久島・種子島など南の方の島となるようです。
福岡では9割ほどの欠ける部分日食なので、コロナは見る事が出来ません。残念!

体験することは出来ませんが、ネット生中継で見る事が出来ます。

LIVE! ECLIPSE 2009 
トカラ皆既日食 7島 中継プロジェクト
Yahoo! 

時間は、9時~12時くらいまでとのこと。
21日の夕方時点で天気が悪いのが気になりますが、晴れる事を祈りたいと思います

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL