梅をつけるという提案。 男性もぜひ。

こんにちは。久々のブログ更新です。

6月に入り、福岡はもうすぐ梅雨入り?
この頃になると、八百屋に大粒の青梅が並びます。 そうそう。梅干&梅酒作りの季節到来!

あまりこのワクワク感は、男性には分かりづらいかも知れませんが。。。
『料理男子』なる言葉も市民権を得ている昨今。このまま書いちゃいます。

梅干しも梅酒も、買った方が安い?とも思うのですが、 やはり無添加のものをいただきたい。
・・・と思うと、やっぱり手作りのほうが安上がりなのです。

私の作り方は、ご近所のおばあちゃん直伝。 簡単に出来上がりです。
あとは、時間がおいしくしてくれます。

梅干しは、何年かに1度の割合でしか付けませんが、 梅酒と梅みつは、毎年の恒例行事です。
この時期につけると、夏ごろにおいしく仕上がります。
どちらも、夏の暑い時期にいただくとおいしいし、 天然のクエン酸で、夏のだるさにはうれしい。

実際作ってみるまでは、面倒と思っていましたが、
"青梅"+"アルコール度数の高いお酒"+"氷砂糖"が揃えば、ビンに入れるだけ。
多少、割合が違っても、関係なし。  エイ!ヤッ! 梅をつけるのは気合なのです。

私はやったことありませんが、ブランデーや焼酎、黒糖などを使ってつけるという方もいらっしゃる。

今年はどんな仕上がりになるのか? 一度つけてみると、夏が待ち遠しくなりますよ。
この楽しみは男性向けかも。オススメします(^^)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL