symfonyでよく使用しているプラグイン

欲しい機能がプラグインとして配布されていると、フレームワークを使ってて良かった!と感じますね。
symfonyも、様々なプラグインが配布されていますが、私が良く使っているプラグインの紹介をしたいと思います。

【sfGuardPlugin】
symfonyを使ったことがある方であれば、必ず1度は目にしたことがあると思います。
本家チュートリアルでも紹介されている、ユーザー認証用のプラグインですね。
これをインストールするだけで、簡単に認証処理を組み込むことが出来ます。
ただ、携帯には対応していないので、hackするか携帯だけ自前で用意するかしないといけませんが。

【sfDoctrineSettingsPlugin】
symfony では、システム用の設定値をapp.ymlに記述して利用しますが、これを
DBで管理する為のプラグインです。
app.ymlでは、値を変更した際にキャッシュのクリアを行わないといけないので、
稼動中のシステムでは変更しずらいのが難点ですが、これを解消してくれます。

【jpMailPlugin】
日本語環境で一般的なJIS(iso-2022-jp)でのメール送信が簡単に行えます。
自前で実装すると、文字エンコード等を気にしないといけない為、結構手間が
かかるのでとても助かります。

【sfSimplePagePlugin】
静的ページを追加できるようにするプラグインです。
symfonyで新しくページを追加する場合、それが静的ページであってもモジュール
を追加しないといけないので、symfonyを理解している人でないと出来ませんが、
このプラグインを利用すると、指定したフォルダ以下に置いたファイルをルーティング
情報等変更なしで参照できるようになります。

上記以外にも、CMS用やAJAX用等々様々なプラグイン等があるので、開発を行う前に
symfony本家のWebサイトに目を通しておくのをお勧めします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL